LEDモジュールだからできる
常識を超える大型モニターの創生


100インチ液晶テレビはその巨大な体が仇となって絶滅した恐竜のよう。
運搬、搬入が困難で市場には受け入れられませんでした。

GIGAビジョンは200インチクラスで横幅4.6mで面積は6.5畳ございます。
このサイズが簡単に運搬できて、エレベーターや小さな玄関口から搬入できる
組み立て式テレビモニターです。

映画館の迫力をそのまま家庭で楽しめる世界最大級の超大型テレビGIGAビジョン。

どこまでも大きく無限の可能性。夢の超大型テレビを実現しました。

組み立て式テレビモニター

GIGAビジョンはLEDモジュールの組み立て方式を採用しております。またその組み立て方式技術は特許を習得しております。今まで液晶テレビでは実現できなかった超大型サイズのテレビモニター・ディスプレイを市場に投入いたしました。100インチ液晶テレビが大きすぎて導入できなかった空間でも、GIGAビジョンの組み立て方式ならば何の問題もございません。

モジュール

施工風景

GIGAエンジン

大型重機を使用しなくても搬入は可能です。マンションの小さなエレベーターや通路からでも問題ございません。GIGAビジョンの組み立ては専門のスタッフが作業いたします。

GIGATV

LEDモジュール

LEDモジュール

GIGAビジョンはLED素子が直接発光し映像を映し出します。近くでみるとLED素子を確認することができます。

パネルアジャスト技術

GIGAビジョンはLEDモジュールの組み合わせて映像を映し出します。組み立てによるメリットの反面、一枚の液晶パネルや有機ELにはないデメリットもあります。LEDモジュールの隙間の問題です。弊社では独自の技術でLEDモジュールの微調整をおこない隙間を最小限まで抑えることができます。

GIGAエンジン
GIGAエンジン

液晶ディスプレイ(LCD)、有機ELとの違い

GIGAビジョンはLED素子が発光して映像を映し出します。LED素子のピッチにより同じ面積であればLCDや有機ELより解像度が低くなります。GIGAビジョンは適正距離から映像を観ることを考慮し、コストバランスに適した解像度で大画面モニターを提供しております。

プロジェクターとの違い

プロジェクターは明るい場所では見ることが出来ません。理由は黒色を表現するのに環境の明るさが大きく影響するからです。プロジェクターのスクリーンは白く、スクリーンに黒色は存在しません。つまりプロジェクターは部屋の暗さで黒色を表現しております。周囲の光源により黒はグレーに変化し映像の濃淡を表現できなくなります。

室内に自然光を取り入れた建築

近年の建築では室内に自然光を取り入れることが重要視されております。 全面ガラス張りのタワーマンションでは多くの自然光を取り入れる設計となっております。 GIGAビジョンは高輝度ですので、自然光が直接入る室内でも鮮明に映像を観ることができます。 一般のテレビの明るさが300nitsに対して、GIGAビジョンは800nitsと2倍以上の輝度となっております。

修理メンテナンスシステム

液晶ディスプレイや有機ELは、モニター画面に異常がおこるとモニター画面部を全てを取り換える必要があります。 修理にかかる費用は本体価格とほぼ変わらず高価な商品を購入し数年で異常が出た場合、買換えという選択を考えなければいけなません。 GIGAビジョンは故障した箇所のモジュールやパーツを取り換える事ができる為、修理費用が抑えられるメリットがあります。

特許取得

LEDモジュール

日本ユーザックでは特許取得することによりお客様に安心できる製品をご提供いたします。 GIGAビジョンは、組み立て式の大型テレビジョン受信機の製造方法における特許取得商品です。 今後も模倣品、類似品のない独創的な研究や製品開発を推進します。

ショールームのご案内

超大型テレビGIGAビジョンの迫力を実際に体験ができます。

弊社ビルにて、110インチクラスの実機をショールームに展示しております。

見学をご希望の方はご希望の日程を下記よりご連絡下さい。

お問い合わせ